復縁で冷却期間は必要か

冷却期間って絶対必要なんじゃないの?!

よく復縁する方法などが書かれた雑誌やインターネットでは復縁には冷却期間が絶対に必要だと言われています。

 

この情報をうのみにして一人ひとり別れた原因や状況が違うのにもかかわらす冷却期間を置いてしまった結果、復縁できないというパターンをよく見ます。

 

復縁する方法はかなり難しいです。

 

なぜなら、人によって付き合っていた時の関係、どちらの方が好きだったのか、別れ方などによっても復縁の仕方が変わってくるからです。

 

よく言われている冷却期間が3か月ですが、これは全員に当てはまるわけではないんですね。

 

インターネットや雑誌の通り、冷却期間を3か月あけることによってうまくいく場合もあります。

 

その反対に冷却期間を置かなければ復縁できたのに3か月も連絡を取らなかったため復縁できなかったということもあるんです。

 

このようなことは知っているか知らないかの差で、後から後悔してからでは遅いのです。

 

「じゃあ、復縁で冷却期間が必要な場合といらない場合の違いは何なのか」

 

この違いを解説します。

 

 

だいたい冷却期間が必要か不要かの判別は別れ方やその原因で決まります。

 

冷却期間が必要な場合

 

・別れるのがイヤで相手が嫌がるまでねばってしまった
・相手が一度決めたら考えを曲げないタイプ

 

一方

 

冷却期間が不要な場合

 

・自分が相手を振った
・つまらないいざこざで別れてしまった
・別れ話を切り出したときに泣かれてしまった
・お互いの家が遠く、あまり会えない状況だった
・お互い忙しく会えない時間が続いた

 

 

冷却期間がいるのかいらないのかの判断が難しい場合

 

・何度かの大きいケンカの末の別れ
・お互い向きになって引けずに別れてしまった
・彼女・彼氏以外に気になる人ができてしまった
・彼氏・彼女の浮気
・自分が浮気をしてしまった
・相手に惹かれる部分がなくなった
・性格が合わなくなった
・結婚を考えられなかった

 

など。

 

 

冷却期間が必要な場合や冷却期間が不要な場合の判断は簡単です。

 

問題は冷却期間がいるのかいらないのかの判断が難しい場合。

 

 

私もかつて別れた理由がこの冷却期間がいるのかいらないのかの判断が難しい場合がありました。(管理人自身の復縁成功体験談はコチラ

 

 

ここでどんな行動をとるかによって復縁できるかできないかが決まってしまうのです。

 

とくに相手に好きな人ができてしまった場合などは特に難しいですよね。
相手の気持ちよりも自分に素直にアプローチすべきかなど・・・。

 

「このまま元彼女・元彼氏を失ってしまうのか・・・」

 

右も左もわからないそんな状況で復縁のプロによる判断をおしえてもらって復縁までの行動を一つ一つ教えてもらえたらいいなとは思いませんか?

 

驚異の復縁率80%のプロの復縁屋の商材、私はこれで復縁に成功しました。

 

 

>>復縁教材の中身を暴露!内容はコチラをクリック

 

 

当サイト復縁教材ランキングはコチラをクリック

 

このエントリーをはてなブックマークに追加